サーバーとドメインを提供、管理している人がいる

サーバーとドメインは、現在のインターネットを利用する上で欠かせない仕組みです。
ユーザーからのリクエストに対して返答するサーバーは提供している会社によって詳細が異なっており、運用を任されている管理者が必要な設定とメンテナンスを実施しています。
レンタルサーバーのサービスを利用することで、ICANNなどのネットワークで重要な役割を果たしている存在を知らない方でも自分だけの専用の電子空間で様々な情報発信が可能です。
従来は高価な機器を購入して複雑な設定をすることでようやく使えたサーバーが、管理まで代行してくれるレンタルサービスのおかげで月額料金を支払うだけで使えます。

インターネット上の住所に該当するIPアドレスは、人間にとっては分かりにくいのでDNSによってドメインに変換しています。
世界的にDNSを統括しているのがICANNで、実際にはドメインをインターネット上で管理しているレジストリに登録できるレジストラに依頼するのが一般的です。
専門的な手続きを代行するサービスもセットで提供されたことで、オリジナルのドメインの準備からサーバーの設定まで任せられます。
レジストラによって扱っている範囲が違うため、珍しいドメインを取得するのが目的であれば対象としている会社を選ぶ必要があります。

ドメインが重複するとインターネット全体で混乱してしまうので、レジストリは新規の登録については必ず既存のドメインをチェックしてから受け付けるスタイルです。
レジストリに申請ができるレジストラはICANNから認定を受けており、認定がないのにドメインの管理をしている会社は手続きを他のレジストラに依頼しています。
かつてはレジストリへの手続きから自分で行うのが当然で、個人で独自ドメインを取得するのは非常に困難でした。
ドメインからサーバーまで一貫して提供してくれた上で適切に管理する人がいるからこそ、インターネットで自由に情報発信が行える環境です。

インターネットに接続しているパソコンにもIPアドレスが割り当てられていて、サーバーはそこに向けてリクエストがあったデータを送信しています。
全体を管理しているICANNと提携している会社の活躍によって、IPアドレスは常に重複せずに円滑なデータ送信を行えている状況です。
当たり前のように使っているサーバーとドメインには提供している会社と管理者がいて、リアルタイムで必要な対処を実行しています。