光回線を契約したら工事の事業者の出番

新規で光回線を契約した場合には自宅での工事が必要となるので工事の事業者の出番となります。
工事は光回線が委託している事業者が行っているので、契約する光回線ごとに工事を行う事業者も異なる場合が多いです。
費用や方法や時期などについても出番になる事業者ごとに違います。

光回線の工事の内容や費用などは戸建てとマンションの2つのタイプでも異なります。
それぞれに合った方法で工事を行う事業者が多いので、工事の内容のほかにも費用なども大きく変化します。
また光回線の工事は大掛かりになることが多いので、マンションなどの集合住宅や賃貸の場合などには、必ず管理会社やオーナーから許可を取る必要があります。
マンションの場合には新規の場合と、既に回線が導入されている場合の2つの場合があり、それぞれ方法や費用などが異なります。

事業者によっては大掛かりな工事を行うこともあるので、戸建てとマンションが賃貸の場合には必ず管理会社などに確認を取る必要があります。
賃貸の建物の場合には管理会社に確認や許可を取ってから申し込みを行わなければ、トラブルに繋がってしまうこともあるので注意が必要です。

新規のマンションで光回線の工事を行う場合には、申し込みを行ってから事業者の出番が来るまでに1カ月から2カ月程度の時間が必要になります。
作業の内容は付近の電柱から光回線をマンション内に引き込んで、各部屋へ配管を使って光ファイバーを配線します。
マンションの場合には各部屋へ回線を導入する際に、光ファイバーのほかにLANケーブルや電話線を使う場合などもあります。
作業開始から終了までには1時間から3時間程度の時間が掛かります。
既に回線が導入されているマンションの場合には、そのまま各部屋へ光ファイバーなどで配線するだけなので、1時間程度で完了します。
最後に室内に回線終端装置を設置してすべての作業が完了となります。

戸建ての場合にも建物の付近にある電柱から回線を建物内に引き込むという作業が行われます。
外壁に特別な機械を使って回線を固定して電話の配管やエアコンの通気口などを使って屋外から室内に光回線を引き込み、最後に回線終端装置を設置して工事が完了となります。
建物の構造によってはさらに大掛かりな工事が必要となったり、開始から完了までのより多くの時間が掛かる場合などもあります。
戸建ての場合にも光回線の申込みから1カ月から2カ月程度の時間が掛かります。