インターネットの登場により、世界中のどんな場所や機器からでも自分の情報を発信したり必要な情報を検索して手に入れることが可能になりました。
このような通信サービスは、幅広いあらゆる業界のあらゆる企業が連携し協力することで成り立つ素晴らしい通信技術ですが、どのように連携しているか見てみましょう。

まずは家からスタートです。
各家庭にはパソコンやスマートフォンなどインターネットの入口とも言える機器が存在しています。
今までは有線ケーブルのLANケーブルでインターネットをしていたかもしれませんが、現在では無線で線をつなぐことなくインターネットを楽しむことができるWi-Fiを使っている人も少なくないでしょう。
そのWi-Fiを飛ばすルーターを作る会社も、光回線で来た信号を無線信号に変え、利用者の機器に接続できるよう技術を提供することで可能になっています。
光回線に接続するサービスを提供する企業と通信契約を結ぶとこのようなルーターが家庭に郵送されることによりインターネットを使うことが可能ですので、ここではルーターを届ける運送会社も連携していることになります。

また光回線では家庭用の固定電話も光回線につないで使うこともできますので、固定電話に関してはNTTが関わることで可能になっています。
光回線事業者も固定電話サービスに関してのインフラを整備し、宅内整備に関しては依頼を受けた企業が訪問して通信環境が整うことになります。
インターネットを使う利用者の家を出るまでに最低でも三つの企業が協力して成り立つ通信環境を整備され、利用者が様々な情報を得ることが可能です。
ネットワークのイメージ インターネットを使うための光ファイバーですが、ここでは業界の垣根を越えてNTTと各地方の電力会社がもととなり、光ファイバー網を整備しています。
電線網を使ってNTTが通信網のインフラを、電線網を使って各電力会社が通信インフラをそれぞれ整備しているので、現在のネットワークが完了しています。
それぞれに通信互換性があり、通信エリアは違うもののほぼ同等の通信サービスを提供していて、人々はその恩恵にあずかることができます。
この光ファイバーは国を飛び出し、各国の企業と光ファイバーで結ばれ、様々な情報が共有可能です。
中には海底ケーブルを日本の電機メーカーが手掛けています。
幅広い業界の企業が協力し、国をもまたぐ協力体制のもと現在のインターネットインフラは整備され多く人によって利用されています。
便利で素晴らしいこの通信サービスはこのようにして提供されていますので、大きな技術です。

回線網が張り巡らされているから利用できている

ケーブルさて、この便利なインターネットですが、先ほど挙げたように回線網が張り巡らされていることで利用することが可能になっています。
この光ファイバーは、ケーブルの中を光が移動することで信号を通信していますが、その仕組みは、ケーブルの中に鏡があり、それに反射しながら光は進んでいきます。
ですからケーブルが曲がっていてもまっすぐしか進めない光は方向を変えながら進むことができるのです。
電話線や電線など人が住んでいればどちらかがつながっているであろうインフラ網の中に光ファイバーは入っています。
そのような光ファイバーが国内をはじめ海外至る所に張り巡らされることで通信を行うことが可能です。
インターネットの光ファイバーは各個人宅と、インターネットサービスを提供する会社や各企業のパソコンをつないでいます。

情報化社会のイメージ その中心に検索プログラムを作る会社が存在しています。
インターネットで情報を得ようと思う場合、多くの人は必要な情報を検索することで可能です。
それはこの光ファイバーにより多く集められた情報の中から利用者が必要とする情報のみを抜き取り提供する技術やサービスが提供されます。
これは世界中の国の企業や団体にまで光ファイバーの接続によって一つになっているからであり、この通信網が無ければわたしたちは必要とする情報を集めることも整理することもできません。
いまやこの素晴らしいインターネット環境は世界中の様々な業界の企業や団体の協力のもとに実現されているサービスです。
あらゆる国のどんな立場の人でも公平に必要とする情報が立場や状況にかかわりなく手に入れることができる時代になりました。

この回線網が一つでも欠けるならば、私たちは自分が必要とする情報の欠落を避けることができません。
この光ファイバーの開発やインフラ整備には多くの期間と労力とお金がかかっています。
当時から比べると整備するまでのお金は抑えられてきたかもしれませんが、各個人が必要な情報を現在のように簡単に手に入れようとするまでには多くの犠牲が伴っています。
世界中に張り巡らされている光ファイバーは、接続事業者と通信事業者、またインターネット上に多くの情報を提供している企業や団体によってこの素晴らしい現在のインターネット環境が作り出されていることに違いはありません。
以前であればADSLなどの旧式のインターネットが一般化していた時期には、基地局からの距離により通信速度が遅くなっていた人も、光ファイバーの登場により改善されても来ました。

こちらの記事ももしよければどうぞ